メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

寺内選手、6回目の五輪(その2止) 五輪で答え出す

飛び込みナショナルチームの練習を終えて、東京五輪への抱負を語る寺内健選手=金沢市の金沢プールで2019年12月4日、山崎一輝撮影

 

 ◆飛び込み界初のメダル求め

引退から現役復帰

 約1年半のサラリーマン生活を経て2011年に現役復帰した。飛び込み界の第一人者、寺内健(けん)選手(ミキハウス)は今、そんなブランクがあったとは感じさせない。昨年8月に39歳となった。13歳の玉井陸斗選手(JSS宝塚)ら実力ある新鋭が次々と台頭する中、夏季では日本選手最多タイ6回目の出場となる東京五輪に挑む。「過去5大会でなし得なかった思いをぶつけたい」。観客だけではなく自らも納得できる「ダイブ」を見せ、メダルをつかめるか――。

 飛び込み競技の五輪種目には2種類ある。水面上3メートルの弾力性がある板から跳ね上がって飛び込む「板…

この記事は有料記事です。

残り4733文字(全文5023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです