メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

4兆7855億円 リチウムイオン電池の2019年の市場規模 スマホ、EV普及の礎

 2019年ノーベル化学賞の受賞者で旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)らが開発したリチウムイオン電池。同賞が「生活に革命を与えた」と評価した通り、パソコンやスマートフォン、電気自動車(EV)など幅広い機器に使われ、今や現代社会に欠かせない基幹製品となっている。調査会社の富士経済は、19年の市場規模が全世界で4兆7855億円に達し、22年には約1・5倍の7兆3914億円に拡大すると見込んでいる。

 かつて蓄電池で主流だったニッカド電池と比べて小型・軽量で、充電を繰り返しても性能が落ちにくいのが特徴だ。吉野さんの研究成果などを基にソニーが1991年に世界初の量産化に成功し、京セラの携帯電話に搭載された。その後、ソニーのビデオカメラに採用され、旭化成と東芝の合弁会社や旧三洋電機なども電池の量産を始めた。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです