メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

4兆7855億円 リチウムイオン電池の2019年の市場規模 スマホ、EV普及の礎

 2019年ノーベル化学賞の受賞者で旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)らが開発したリチウムイオン電池。同賞が「生活に革命を与えた」と評価した通り、パソコンやスマートフォン、電気自動車(EV)など幅広い機器に使われ、今や現代社会に欠かせない基幹製品となっている。調査会社の富士経済は、19年の市場規模が全世界で4兆7855億円に達し、22年には約1・5倍の7兆3914億円に拡大すると見込んでいる。

 かつて蓄電池で主流だったニッカド電池と比べて小型・軽量で、充電を繰り返しても性能が落ちにくいのが特徴だ。吉野さんの研究成果などを基にソニーが1991年に世界初の量産化に成功し、京セラの携帯電話に搭載された。その後、ソニーのビデオカメラに採用され、旭化成と東芝の合弁会社や旧三洋電機なども電池の量産を始めた。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです