メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

4兆7855億円 リチウムイオン電池の2019年の市場規模 スマホ、EV普及の礎

 2019年ノーベル化学賞の受賞者で旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)らが開発したリチウムイオン電池。同賞が「生活に革命を与えた」と評価した通り、パソコンやスマートフォン、電気自動車(EV)など幅広い機器に使われ、今や現代社会に欠かせない基幹製品となっている。調査会社の富士経済は、19年の市場規模が全世界で4兆7855億円に達し、22年には約1・5倍の7兆3914億円に拡大すると見込んでいる。

 かつて蓄電池で主流だったニッカド電池と比べて小型・軽量で、充電を繰り返しても性能が落ちにくいのが特…

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです