メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『毒親介護』=石川結貴・著

 (文春新書・880円)

子が加害者にならないための心得

 本書の帯には、黒をバックに「『嫌いな親』を介護できるか?」との文字が赤と白で大きく躍る。強烈なのは惹句(じゃっく)だけでなく、タイトルからしてそうだ。評者の妄想だが、毎日新聞読者層が地域の書店でレジに置くには勇気のいる本かもしれない。

 だが本書は、「マクベス」の予言ではないが、女から生まれた者(ここでは自然分娩(ぶんべん)も帝王切開も含む)、つまり全ての人に関係し、苦悩や哀楽抜きに語れぬ事柄をきっちり書いた実に良い本なのだ。その事柄とは、親による子の養育問題であり、子による親の介護問題である。

 親子であっても個としては別人格の相手に対し、その生命と心身の二つながら生殺与奪の権を握れる瞬間。そ…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです