メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

第1部 理念/5 聴覚障害アスリート 性の葛藤跳び越えて 自分らしく、麻梨乃から湊へ

「デフアスリート」の佐藤湊さん=横浜市保土ケ谷区の横浜国立大グラウンドで2019年12月、内藤絵美撮

 マットに飛び込んだ時の衝撃で壊れないよう、補聴器は外す。リズムよく刻む助走の足音は、自分には聞こえない。長さ4メートルのグラスファイバー製の棒をマット手前のボックスに突き立て、一瞬、宙を舞う。はじかれるように体をしならせ、足先からバーの向こうへ。

 聴覚障害がある棒高跳び選手、佐藤湊(そう)さん(24)は戸籍上は女性だが、トランスジェンダーを公表して競技に打ち込んでいる。パラリンピックに聴覚障害の枠はなく、目標は2021年に開かれる聴覚障害者の国際大会「デフリンピック」での金メダルだ。

 棒高跳びを始めたのは、高校2年の時。ろう学校の部活の顧問に誘われ、「空中にはじかれる感覚」にはまった。試合で力を発揮できれば、「支えてくれる人たちに感謝を伝えられる場」にもなる。

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 新型肺炎、スポーツ界にも影響 中国合宿中止、ハイタッチ禁止……

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです