メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

第1部 理念/5 競技も恋も、自分らしく 聴覚障害選手、トランスジェンダー公表

 マットに飛び込んだ時の衝撃で壊れないよう、補聴器は外す。リズムよく刻む助走の足音は聞こえない。長さ4メートルのグラスファイバー製の棒をマット手前のボックスに突き立て、一瞬、宙を舞う。はじかれるように体をしならせ、足先からバーの向こうへ。

 聴覚障害がある棒高跳び選手、佐藤湊(そう)さん(24)は戸籍上は女性だが、トランスジェンダーを公表して競技に打ち込んでいる。パラリンピックに聴覚障害の枠はなく、目標は2021年に開かれる聴覚障害者の国際大会「デフリンピック」での金メダルだ。

 棒高跳びを始めたのは、高校2年の時。ろう学校の部活の顧問に誘われ、「空中にはじかれる感覚」にはまっ…

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文1985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです