メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラクでも米国に反発強まる イラン司令官殺害「主権侵害」 追悼に数千人

 米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の舞台となったイラクでも「主権侵害だ」などとして反米感情が高まっている。

 司令官は3日、イラクのイスラム教シーア派組織「神の党旅団(カタイブ・ヒズボラ)」の指導者アルムハンディス容疑者らとバグダッド国際空港近くを車で移動中、米無人機の攻撃により死亡した。

 バグダッドでは4日、ソレイマニ氏らの追悼行進が行われ、数千人が葬列に参加。アブドルマハディ首相に加え、アミリ元運輸相ら「親イラン派」の多くの政治家や民兵も加わった。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです