メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和天皇の人間宣言はだれの主導なのか 「親しい」元海軍大将の日記は語る

山梨勝之進を巡る人物相関図

 新たに見つかった終戦時の学習院長、山梨勝之進・元海軍大将の1945(昭和20)年の日記。敗戦から米軍占領期の混沌(こんとん)とした時代、院長の職責を誠実に果たそうと奔走する姿が浮かび上がった。一方で、山梨の行動は当時の学習院長という立場にとどまるものだったのか。昭和天皇の人間宣言に山梨がどう関わったか。日記のさらなる分析が待たれる。【伊藤和史、岸俊光】

この記事は有料記事です。

残り3287文字(全文3465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです