特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜を見る会」考

「合法的」に公文書を隠蔽する政権のたちの悪さ 瀬畑源氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
瀬畑源・成城大非常勤講師=東京都千代田区で2019年11月26日午後2時36分、内藤絵美撮影
瀬畑源・成城大非常勤講師=東京都千代田区で2019年11月26日午後2時36分、内藤絵美撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題では、公文書である招待者名簿を、内閣府が会の約1カ月後、野党議員が資料請求した昨年5月9日にシュレッダーで廃棄したことにも批判が集まった。バックアップデータも復元されず、不適切な人物を招待した疑惑も検証できないままだ。公文書管理に詳しい瀬畑源・成城大非常勤講師は「公文書管理法の理念を無視し、抜け道を使って合法的に隠蔽(いんぺい)した。政治倫理的に極めて問題だ」と指摘し、文書がないことを理由に説明責任を果たさない政府の姿勢に疑問を投げかける。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3015文字(全文3274文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集