坂本龍一さん「辺野古埋め立て、まだ引き返せる」 吉永小百合さん「海が無残な形に」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新基地建設が進む名護市辺野古沖を視察する坂本龍一さん=3日午後、琉球新報提供
新基地建設が進む名護市辺野古沖を視察する坂本龍一さん=3日午後、琉球新報提供

 音楽家の坂本龍一さん(67)と女優、吉永小百合さん(74)が5日、沖縄県宜野湾市で開催された「吉永小百合・坂本龍一チャリティーコンサートin沖縄 平和のために~海とぅ詩とぅ音楽とぅ」(主催・同実行委員会)に出演した。

 坂本さんは、沖縄での共演を強く望んだ吉永さんの打診を快諾。コンサートに先立ち、同県名護市の辺野古の海を初めて視察した。

 吉永さんはコンサートで、6月23日の慰霊の日に執り行われる沖縄戦全戦没者追悼式で読み上げられてきた児童・生徒の詩4編を含む11編の詩を朗読。コンサートを控えた2019年12月、琉球新報と沖縄タイムスのインタビューを受け、思いを語った。本紙の友好紙・琉球新報の記事のエッセンスを転載する。詳細は、琉球新報のウェブサイト(https://ryukyushimpo.jp/)

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1785文字)

あわせて読みたい

注目の特集