巨大な馬、オレンジに輝く ばんえい競馬で朝調教

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道帯広市の帯広競馬場で、ばんえい競馬に出場する約600頭のばん馬の調教が、夜明け前から毎日行われている。今の時期は氷点下10度を下回ることもあり、日の出の時刻を迎えると、馬体から出る汗や吐息の蒸気が辺りを包み、オレンジ色の幻想的な光景が見られる。

 ばん馬はサラブレッドの2倍となる体重1トン前後…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

ニュース特集