メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界女王を狙う14歳クライマー 東京五輪「めっちゃ刺激になる」

クライミング施設で練習する小池はなさん=川口市で2019年11月30日、鈴木篤志撮影

 中学生クライマーの小池はなさん(14)にとって、2019年は飛躍の年だった。イタリアで8月に開かれたスポーツクライミング世界ユース選手権。04、05年生まれが対象のユースBのリード種目で銀、ボルダリングでも銅メダルを獲得し、初の世界大会で表彰台に立った。「目標はワールドカップ(W杯)の年間女王と五輪のメダル。そのためにもユース日本代表として表彰台の頂点を目指す」。今年は将来を見据えた挑戦の年だ。

 5歳で競技のとりこになり、12歳でジュニアオリンピックカップ、13歳の時には日本ユース選手権リード競技大会を制覇。年代別のカテゴリーを着実に駆け上がってきた。埼玉県川口市立幸並中の2年生は「ゲームは勝つまでやる。運動会でも狙うのは1位」という負けず嫌い。世界ユースの好成績にも「勝てたはずだった。一つ一つの課題に対応できていなかった」と悔しさを口にして、1日5、6時間も練習で壁に向かう。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです