メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桐蔭学園、2大会連続7回目の決勝進出 東福岡に34-7で快勝 全国高校ラグビー

【桐蔭学園-東福岡】前半、ボールを奪い合う選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月5日、平川義之撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第6日の5日、東大阪市花園ラグビー場で準決勝2試合。第2試合は桐蔭学園(神奈川)と東福岡が対戦した。(試合時間は速報値)

 桐蔭学園は前半6分、WTB飯塚が相手のパスをインターセプトし、そのまま約40メートルを独走してトライ。ゴールも成功して7点を先取した。

 桐蔭学園は前半17分、ゴール前のラックからCTB渡辺がゴール中央にトライ。ゴールも決めてリードを14点に広げた。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです