メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覆面レスラー「獣神サンダー・ライガー」が引退 「誕生」東京ドームで最後の試合

最後の試合に臨み、コーナーポストに上ってポーズを決める獣神サンダー・ライガー=東京ドームで2020年1月5日、山本晋撮影

 覆面プロレスラーの「獣神サンダー・ライガー」が5日、東京ドーム(東京都文京区)で30年以上にわたる現役生活を終えた。

 新日本プロレス所属のライガーは1989年、永井豪さん原作のアニメにちなんだ覆面レスラーとして誕生。正体は山田恵一選手(55)とされる。身長170センチと小柄ながらも華麗な空中技から…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤマハ「SR400」、国内向け生産終了へ 排ガス規制対応できず

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  4. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  5. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです