メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桐蔭学園、堅守から一気の攻撃 6時間ミーティングで意思統一の成果実る

【桐蔭学園-東福岡】前半、ゴール前のラックから桐蔭学園がパスをつなぎ渡辺がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月5日、幾島健太郎撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第6日の5日、東大阪市花園ラグビー場で準決勝2試合。Aシードの桐蔭学園(神奈川)がBシードの東福岡を34―7で破り、2大会連続7回目の決勝進出を決めた。9大会ぶり2回目、単独では初の優勝を目指す。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 新型肺炎、スポーツ界にも影響 中国合宿中止、ハイタッチ禁止……

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです