メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点の取り合いなら桐蔭学園、ロースコアなら御所実に勝機か 高校ラグビー第7日見どころ

決勝進出を決めた両チームのデータ

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の7日午後2時から、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われる。初優勝を目指す御所実(奈良)と9大会ぶり2回目の優勝を狙う桐蔭学園(神奈川)のAシード2校が対戦する。御所実は5大会ぶり4回目、桐蔭学園は前回大会に続く7回目の決勝進出。第90回大会(2010年度)で東福岡と両校優勝した桐蔭学園は、初の単独優勝を目指す。

 ミスが少なく攻守に穴のない桐蔭学園に、御所実自慢の防御力がどこまで通用するかが焦点だ。点の取り合いとなれば桐蔭学園、ロースコアならば御所実に勝機がありそうだ。

 桐蔭学園は、展開攻撃や速攻にFW戦と的を絞らせない多彩な得点パターンを有する。大黒柱は主将のSO伊藤大。状況判断に優れた司令塔で、絶妙なパスやキックで味方を前に出す。FWもプロップ床田、NO8佐藤を中心に、突破力だけでなく機動力や器用さも兼ね備える。ここまで全4試合でいずれも前後半にトライを挙げるなど盤石の内容で勝ち上がっており、接戦時にも本来の力を発揮できれば、悲願の単独優勝に手が届く。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです