メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中満泉さんから「地球を変えるあなたへ」

(10) ツツ大主教の言葉 希望のとりこになる

会見に応じるツツ大主教=南アフリカ・ケープタウンの南アフリカ真実委員会の事務所で1998年

[PR]

希望きぼうのとりこになる

 けましておめでとうございます。

 いちねんのはじめということで、みなさんも今年ことし抱負ほうふ目標もくひょうかんがえているとおもいます。勉強べんきょうやスポーツを頑張がんばりたいとおもひとおおいでしょうし、あたらしいことにチャレンジしたいとおもっているひともいるかもしれませんね。わたしにとって2020ねんは、軍縮ぐんしゅく関連かんれん大事だいじ会議かいぎもあり、とてもいそがしいいちねんになりそうです。

 はっきりって、世界情勢せかいじょうせいいま、あまりあかるいニュースがありません。アメリカ、ロシア、中国ちゅうごくなど核兵器かくへいき大国たいこく関係かんけい緊張きんちょうし、対話たいわ途絶とだえがち。中東ちゅうとうではシリアをはじめイエメンやリビアでも内戦ないせんつづいています。イラン情勢じょうせい不安定ふあんていで、一時期いちじき解決かいけつ糸口いとぐちつかりそうだった北朝鮮きたちょうせん核問題かくもんだいが、ふたたむずかしくなっています。

 軍縮ぐんしゅく問題もんだい担当たんとうしているわたしには、悲観的ひかんてきになったり、あきらめたりしそうな国際こくさい環境かんきょうです。そんななか日々ひび仕事しごとみちびいてくれそうな、すてきな言葉ことば出合であいました。「わたし楽観らっかんてきなのではありません。希望きぼうのとりこなのです」という言葉ことばです。

 言葉ことばぬしは、みなみアフリカのアパルトヘイト政策せいさく黒人こくじんらを差別さべつする人種じんしゅ隔離かくり政策せいさく)をわらせるのにおおきな貢献こうけんをしたデズモンド・ツツ大主教だいしゅきょう。キリストきょう牧師ぼくしで、平和的へいわてきにアパルトヘイト政策せいさく反対はんたいつづけ、1984ねんにノーベル平和賞へいわしょう受賞じゅしょうしました。94ねんはじめてぜん人種じんしゅ参加さんかした選挙せんきょ結果けっか、アパルトヘイトは廃止はいしされます。その、ツツ大主教だいしゅきょうは、当時とうじのマンデラ大統領だいとうりょうたのまれて、みなみアフリカの黒人こくじん白人はくじんあいだ和解わかいすすめる仕事しごと指揮しきしました。

 かれは、聖書せいしょおしえや、アパルトヘイト撤廃てっぱい運動うんどうなが経験けいけんから、現実げんじつ無視むしできないし、きちんと把握はあくしなくてはいけないが、どんなに絶望ぜつぼうてき状況じょうきょうでもわずかな希望きぼういだして、けっしてあきらめないことが大切たいせつだとまなんだそうです。

 わたしもこれまでの仕事しごととおして、紛争ふんそう自然災害しぜんさいがいによるおおきな悲劇ひげき人々ひとびとくるしみにれてきました。同時どうじに、世界各地せかいかくち人々ひとびとおどろくべき勇気ゆうきつよさをも、目撃もくげきしてきました。

 93ねんにボスニアで出会であった難民なんみんろう婦人ふじん祖父そふちちおっと息子むすこだいいちだい世界大戦せかいたいせん、そして当時とうじのボスニア内戦ないせんおくしたひとでした。当時とうじ国連難民高等弁務官事務所こくれんなんみんこうとうべんむかんじむしょ(UNHCR)が支援しえんする避難所ひなんじょにいて、それでもなおまごたちのためにより世界せかいへの希望きぼうっていました。まだわか職員しょくいんだったわたし日本にっぽんからた、とると「ああ、そんなとおくからわたしたちを支援しえんしにてくれるなら、戦争せんそうわったらすこしはなかになるかもしれないね」。

国連憲章こくれんけんしょう意味いみ

 国連憲章こくれんけんしょう前文ぜんぶんつぎのような有名ゆうめい言葉ことばがあります。「われらの一生いっしょうのうちにまで言語げんごぜっする悲哀ひあい人類じんるいあたえた戦争せんそう惨害さんがいから将来しょうらい世代せだいすくい……」。このしん意味いみは、人々ひとびと希望きぼうてるなかになるよう努力どりょくすることだ、とわたしはそのときはじめて理解りかいできました。

 「希望きぼうのとりこ」の言葉ことばおしえてくれたのは、メアリー・ロビンソンもとアイルランド大統領だいとうりょう彼女かのじょは3にんどもをそだてながら、弁護士べんごし国会議員こっかいぎいん、そして大統領だいとうりょうとして活躍かつやくしました。アイルランド史上しじょうもっと人気にんきのある政治家せいじかで、その国連人権高等弁務官こくれんじんけんこうとうべんむかんにもなりました。気候変動きこうへんどう問題もんだいにもみ、最近さいきん核軍縮かくぐんしゅく協力きょうりょくしてくれています。その彼女かのじょと11がつ会議かいぎ一緒いっしょになったとき「希望きぼうのとりこになって、とも努力どりょくしましょう」とわれたのです。

 2020ねん原爆投下げんばくとうか終戦しゅうせん、そして国連こくれん創設そうせつから75しゅうねん節目ふしめねん。みなさんは2020ねんをどうごすのでしょうか?


感想文かんそうぶん募集ぼしゅうします

 中満なかみつさんのコラムの感想文かんそうぶん募集ぼしゅうします。抽選ちゅうせんで30にんに、中満なかみつさんのほん危機きき現場げんばつ」(ルビき)を2さつずつプレゼントします。1さつかよっている学校がっこう寄贈きぞうします▽感想文かんそうぶんは、小学校しょうがっこうねんせい以下いかは200以上いじょう、4ねんせい以上いじょうは400以上いじょうです。おくさきは〒100-8051(住所じゅうしょ不要ふよう毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん編集部へんしゅうぶ中満なかみつさん感想文かんそうぶんがかり」か、メールでmaishou@mainichi.co.jpへ。住所じゅうしょ氏名しめい年齢ねんれい電話番号でんわばんごう明記めいきしてください。りは1がつ14必着ひっちゃく延期えんきしました。優秀ゆうしゅうさく紙面しめん紹介しょうかいすることを予定よていしています。学校がっこうなど団体だんたいでの応募おうぼ歓迎かんげいします▽これまでのコラムは、毎小まいしょうのサイトにまとめて掲載けいさいしています。


中満なかみついずみさん[国連こくれん事務次長じむじちょう

 1963ねんまれ。アメリカの大学院だいがくいんて89ねん国連こくれんり。難民なんみん保護ほご国連平和維持活動こくれんへいわいじかつどう核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやく採択さいたくなどのためにはたらいてきた。著書ちょしょ児童書じどうしょ危機きき現場げんばつ」など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです