メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

波屋書房、料理本あり 食都支え101年 大阪・難波の30坪、世界注目

店主の芝本尚明さん(左から2人目)、妻の昌子さん(中央)、長男の健一さん(右端)、次女の治子さん(右から2人目)、次男の貴和さん(左端)ら家族で切り盛りする波屋書房=大阪市中央区で2020年1月2日、木葉健二撮影

 大阪・難波の料理専門書店「波屋書房」(大阪市中央区)は2020年、創業101年を迎えた。出版不況が続く中、食や料理に関する本に特化し、大型書店の進出などさまざまな苦境を乗り切ってきた。家族で切り盛りする小さな店に、お目当ての一冊のため国内外からはるばる客が訪れる。【柴山雄太】

 世界各地のレシピ本、牛1頭のさばき方、レストラン経営学――。にぎやかな商店街にある店内に入ると、半分以上を占める食・料理本に目を奪われる。その数約5000冊。絶版本など、ここにしかない本も多い。1914年初版で「料理人のバイブル」とも呼ばれるフランス料理総覧「レペルトワール」のフランス語原書はその一冊だ。

 フランス料理人の新屋健一さん(45)は約20年前から通い、那覇市で料理店を営む今も年に1、2度、大阪への帰省を利用して来店する。今年は1月2日に訪れ、「これだけの本が手に取って見られるのはありがたい」と話した。遠くカナダやシンガポールから通うなじみ客もいる。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです