連載

ぐんま・ロケ地巡礼

毎日新聞デジタルの「ぐんま・ロケ地巡礼」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ぐんま・ロケ地巡礼

/3 中之条町 映画「眠る男」「月とキャベツ」など 郷愁誘う伊参スタジオ /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画「月とキャベツ」で使われた衣装や道具が展示された教室で、伊参スタジオの魅力を語る岡安賢一さん(右)=群馬県中之条町五反田で
映画「月とキャベツ」で使われた衣装や道具が展示された教室で、伊参スタジオの魅力を語る岡安賢一さん(右)=群馬県中之条町五反田で

廃校活用、映画祭で若手監督育む

 県人口200万人達成記念映画「眠る男」(1996年、小栗康平監督)の撮影拠点としてオープンした中之条町五反田の「伊参(いさま)スタジオ」。元は町立第四中学校校舎で築65年を超え、取り囲む吾妻郡の豊かな自然と農村風景が郷愁をさらにかき立てる。「昭和」の残る中之条の市街地も相まって、スタジオは現在も数々の映像制作のロケ地となっている。

 入り口はかつて生徒らが使ったげた箱が残る昇降口の面影そのまま。入ると廊下の壁には邦画のポスターがびっしりと並ぶ。ここでの撮影で使われた衣装や道具が展示された教室の黒板には、白いチョークで書かれた当時の撮影スケジュールが残されている。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1198文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集