メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、大規模イベント 2週間中止・延期要請へ
チャレンジ2020~彩の国から~

/4 ミャンマーのホストタウン 鶴ケ島市 「戦時の恩返し」懸け橋に /埼玉

今泉記念ビルマ奨学会の今泉清司会長。自宅にはこれまでに支援した奨学生らの写真が並ぶ=埼玉県鶴ケ島市で

留学生に私費で奨学金

 東京五輪・パラリンピックでミャンマーのホストタウンとなった鶴ケ島市。両者の懸け橋になったのは太平洋戦争中、ビルマ(現ミャンマー)で「インパール作戦」に従事し、現地の人々に受けた恩を胸にミャンマーの留学生に私費で奨学金を支給してきた元日本兵の今泉清司さん(96)だった。篤志家の思いは市民らに広がり、ミャンマーの若者や大舞台にチャレンジする選手たちを支えている。【中川友希】

 今泉さんは戦争末期、軍の行動を記録する係としてビルマからインドの英国軍拠点インパールを目指す作戦に参加した。補給を軽視した作戦で多くの日本兵が犠牲になり、撤退ルートは「白骨街道」と呼ばれた。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 芦屋にニホンザル 消防本部倉庫で捕獲後、六甲山に運ぶ途中で死ぬ

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです