メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ、つながる

for Tokyo 2020/5 五輪の光と影、後世に 中京大スポーツミュージアム /愛知

中京大スポーツミュージアムの來田享子副館長(右)と伊東佳那子学芸員。ミュージアムではオリンピックの歴史や社会との関わりを学べる=愛知県豊田市の中京大スポーツミュージアムで

 1964年東京五輪のポスターや、幻の「名古屋五輪」開催を見込んで作られた記念乗車券、体操の中山彰規さん(76)が72年ミュンヘン五輪で獲得した金・銀・銅メダル……。中京大豊田キャンパス(豊田市)に2019年10月、オリンピックやパラリンピックに関する資料などを展示する「スポーツミュージアム」が開館した。

 宇野昌磨さん(22)や浅田真央さん(29)、室伏広治さん(45)といった五輪メダリストら、同大で学生や教職員などとしてオリンピック・パラリンピックに関わった選手は88人。監督なども含めた関係者から寄贈された資料や大学収集の資料など約3000点を収蔵する。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです