メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ、つながる

for Tokyo 2020/5 五輪の光と影、後世に 中京大スポーツミュージアム /愛知

中京大スポーツミュージアムの來田享子副館長(右)と伊東佳那子学芸員。ミュージアムではオリンピックの歴史や社会との関わりを学べる=愛知県豊田市の中京大スポーツミュージアムで

 1964年東京五輪のポスターや、幻の「名古屋五輪」開催を見込んで作られた記念乗車券、体操の中山彰規さん(76)が72年ミュンヘン五輪で獲得した金・銀・銅メダル……。中京大豊田キャンパス(豊田市)に2019年10月、オリンピックやパラリンピックに関する資料などを展示する「スポーツミュージアム」が開館した。

 宇野昌磨さん(22)や浅田真央さん(29)、室伏広治さん(45)といった五輪メダリストら、同大で学生や教職員などとしてオリンピック・パラリンピックに関わった選手は88人。監督なども含めた関係者から寄贈された資料や大学収集の資料など約3000点を収蔵する。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです