メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会活動家「強制失踪」 ラオス・タイで後絶たず 政府関与か 家族、解決訴え

ソムバットさんのイラストを背に記者会見する妻ウン・シュイ・メンさん(左)とアンカナ・ニーラパイジットさん=バンコクで2019年12月17日

 ラオスやタイで社会活動家が行方不明になる事件が後を絶たず、当局が事件に関与しているとみる家族らが解決を訴えている。国連なども状況に懸念を示すが、真相解明は進んでいない。【バンコク高木香奈】

 ラオスの社会活動家、ソムバット・ソムポーンさん(67)は2012年12月15日、首都ビエンチャンで車で帰宅途中に行方不明になった。

 家族が入手した警察の防犯カメラの映像には、ソムバットさんが警察官に車を止められ、別の車で連れ去られる様子が映っていた。政府や警察は関与を否定している。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです