メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

日本の読解力急落 その課題/上 ネット社会で重要な能力に

シュライヒャー局長

 <kyoiku no mado>

 経済協力開発機構(OECD)が2019年12月に公表した18年の国際学習到達度調査(PISA、ピザ)で、日本は読解力が15位(504点)と前回(15年)の8位(516点)から急落した。得点、順位とも、学習指導要領の見直しなどにつながった03年(498点)の「PISAショック」時とほぼ同水準にまで下がった。何が原因なのか。教育現場の受け止め方は。2回にわけて現状と課題を探る。今回はOECDの調査責任者に聞いた。【水戸健一】

 調査には79カ国・地域が参加した。日本は数学的リテラシー(応用力)が6位(527点)、科学的リテラ…

この記事は有料記事です。

残り2257文字(全文2537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです