メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

御所実26-7常翔学園 御所実、巧妙スクラム

 御所実が攻守に隙(すき)のない試合運びで快勝した。前半8分、ゴール前の連続攻撃で先制トライを挙げると、同22分にはゴール前での相手ノックオンに乗じて、3トライ目を奪い主導権を握った。常翔学園は大型FWが運動量豊富な相手の守りを崩せなかった。

 ■ノーサイド

 常翔学園の圧力に屈したかのように、スクラムでいとも簡単に押し込まれた。だが、これは御所実が巧妙に仕組んだ「わな」だった。

 7点リードで迎えた前半13分、相手陣22メートルでの御所実ボールのスクラム。ボールを投入すると相手に一気に押し込まれたが、SH稲葉が素早く左に展開してポイントを作り、今度は右へ。プロップ島田からのパスを受けたFB石岡が抜け出し、トライにつなげた。

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです