メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

桐蔭学園34-7東福岡 桐蔭、絶妙カウンター

 (5日・東大阪市花園ラグビー場)

 接点での強さが際立った桐蔭学園が4トライで快勝した。前半5分にWTB飯塚が相手のパスをカットして先制トライ。同27分にFWの連続攻撃からロック青木のトライで突き放した。東福岡はFWが何度もターンオーバーを許し、前半の1トライにとどまった。

反撃封じた低空タックル

 狙った獲物は逃さない。攻め込まれた桐蔭学園は強烈なタックルで、東福岡の展開ラグビーのテンポを乱した。すぐさま攻撃に転じ、トライに結びつける。堅守が好循環を生み出した。

 先制トライを奪った後の前半13分だった。東福岡に反撃されたところで、プロップ岡は迷わず飛び込んだ。「相手の持ち味である展開力を崩すには前に出るしかない」。身長173センチの小柄な体格を逆に生かし、低空飛行のタックルを相手の足元に突き刺した。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです