メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

桐蔭学園34-7東福岡 攻守に桐蔭学園 4トライ快勝

【桐蔭学園-東福岡】前半、ゴール前のラックから桐蔭学園がパスをつなぎ渡辺誠人がトライ=幾島健太郎撮影

準決勝(5日・東大阪市花園ラグビー場)

 接点での強さが際立った桐蔭学園が4トライで快勝した。前半5分にWTB飯塚が相手のパスをカットして先制トライ。同27分にFWの連続攻撃からロック青木のトライで突き放した。東福岡はFWが何度もターンオーバーを許し、前半の1トライにとどまった。

強烈タックル、反撃も速く

 攻め込まれた桐蔭学園は強烈なタックルで東福岡の展開ラグビーのテンポを乱した。すぐさま攻撃に転じ、トライに結びつける。まさに堅守が好循環を生み出した。

 先制トライを奪った後の前半13分だった。東福岡に反撃されたところで、プロップ岡は迷わず飛び込んだ。「相手の持ち味である展開力を崩すには前に出るしかない」。身長173センチの小柄な体格を逆に生かし、低空飛行のタックルを相手の足元に突き刺した。

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです