メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝統の「はしご乗り」を披露 東京消防庁、新春恒例の出初め式

東京消防庁の出初め式で披露されたはしご乗り=東京都江東区で2020年1月6日午前10時51分、滝川大貴撮影

[PR]

 新春恒例の東京消防庁の出初め式が6日、東京都江東区の東京臨海広域防災公園で開かれた。職員や消防団員ら約2100人が参加し、江戸時代の「火消し」の伝統を受け継ぐはしご乗りなどが披露された。

 東京五輪・パラリンピックを控え、テロなどによる爆発で建物が倒壊したという想定で救助訓練も実施。消防士らの連携と迅速な活動に観客から歓声と拍手が送られた。安藤俊雄消防総監は「セーフシティー実現のため職員一丸となって取り組む」とあいさつした。【最上和喜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです