メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

森田童子の歌世界、映画化へ「落ちていく、という言葉が好きだった」 高橋伴明監督が支援募る

森田童子さん=1976年12月撮影

 1970年代から80年代前半に活躍し、素顔を見せることなく、ライブハウスを中心に若者の人気を得た伝説のシンガー・ソングライター、森田童子をご存じだろうか。2018年春に亡くなって2年。この春の三回忌に合わせて、「政治の季節」の若者の思いを映した、童子の悲しくて優しい歌の世界を映画化する企画が立ち上がった。同じ世代で若い頃に童子の影響を受けた高橋伴明監督がメガホンを取り、童子さんの世界を愛する俳優の佐伯日菜子さんが出演を快諾した。企画者は多くの人々に童子の世界を知ってほしいと、制作費支援を呼びかけている。【油井雅和】

 童子はライブハウスから活動を始め、1975年にレコードデビュー。学園闘争を経て社会へ出ようとしていた若者の心をつかんだ。だが、83年のアルバムを最後に活動を休止してしまう。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1363文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです