メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「警備が甘い関空からゴーン被告脱出」米紙報道 支援者、10空港以上下見か

プライベートジェット利用客の専用施設「プレミアムゲート玉響」。ゴーン被告らはここを通って出国したとみられる=関西国際空港で2020年1月6日午後5時40分、鶴見泰寿撮影

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した事件で、この逃亡計画に関わったグループが事前に日本を20回以上訪れ、国内10カ所以上の空港を下見していたと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が5日、報じた。このうち、関西国際空港の警備が甘いことに気づき、同空港から脱出することが決まったという。

 前会長は2019年12月29日夜、コンサート用の音響機器を運ぶ大型の箱に潜んでプライベートジェットに乗り込んだとされる。同紙によると、逃亡計画には異なる国の10~15人が関与。約3カ月前の下見で、関西国際空港のプライベートジェットの専用ゲートは人が少なく、大型荷物は同空港のエックス線検査の装置に入らないことが分かったという。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  3. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです