障害持つ人が企業、経営者にアドバイス 「ダイバーシティ戦隊・ヤルンジャーズ」結成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ポーズを決める「ダイバーシティ戦隊・ヤルンジャーズ」の隊員たち。最前列左がリーダーの大谷邦郎さん=大阪市北区で2019年11月7日午後7時40分、生野由佳撮影
ポーズを決める「ダイバーシティ戦隊・ヤルンジャーズ」の隊員たち。最前列左がリーダーの大谷邦郎さん=大阪市北区で2019年11月7日午後7時40分、生野由佳撮影

 耳が聞こえない、足が不自由、発達障害――。さまざまな障害を持つ人たちが、ハラスメント対策に取り組む企業や経営者らにアドバイスする団体を結成した。名付けて「ダイバーシティ戦隊・ヤルンジャーズ」(拠点・兵庫県川西市)。障害者雇用が進む中、性別や国籍、障害の有無といった多様性を楽しくアピールする。リーダーで元毎日放送ラジオ報道部長の大谷邦郎さん(58)=同市=は「当事者の的確な視点を取り入れてほしい」と笑顔を見せる。【生野由佳】

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1550文字)

あわせて読みたい

注目の特集