特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

ゴーン被告出国に菅長官「絶句した」 テレビ番組で保釈制度見直しも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月4日、大西岳彦撮影
菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月4日、大西岳彦撮影

 菅義偉官房長官は6日夜のBSフジのテレビ番組で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件について「(一報を聞いて)絶句した。不正な手段を使って不正に出国したのは事実で、政府として極めて遺憾だ」と述べた。そのうえで「出国の経緯をしっかり解明し、こうしたことを防ぐために必要なことをしっかり行うことが大事だ」と述べ、保釈制度の運用を見直…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集