メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

単独優勝の悲願なるか 桐蔭学園・藤原監督が繰り返す「破壊と創造」 全国高校ラグビー

【桐蔭学園-東福岡】前半、ゴール前のラックから桐蔭学園がパスをつなぎ渡辺がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月5日、幾島健太郎撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は7日午後2時から、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われる。4回目の決勝で初優勝を目指す御所実(奈良)と、東福岡との両校優勝だった第90回大会(2010年度)以来9大会ぶり2回目、単独では初制覇を狙う桐蔭学園(神奈川)が対戦する。

 桐蔭学園の藤原秀之監督(51)にとって、単独優勝は悲願だ。90回大会の初制覇後も準優勝3回、5大会連続で4強以上と「東の横綱」として確固たる地位を築く。「『安定した成績を出している』と言われているが、安定は衰退と一緒」と考え、「破壊と創造」を繰り返すことを指導の根底に置いている。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです