メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲稽古総見 貴景勝、朝乃山は「内容いい。将来、綱を」と八角理事長

稽古総見で汗を流す貴景勝(右)と朝乃山=東京・両国国技館内の相撲教習所で2020年1月6日、吉田航太撮影

 大相撲初場所(12日初日、東京・両国国技館)を前に、横綱審議委員会(横審)の稽古(けいこ)総見が6日、両国国技館内の相撲教習所で行われた。押し相撲が身上の大関・貴景勝は、右四つが得意の新関脇・朝乃山と10番取った。

 貴景勝が懐に入って押し出す取り口が目立ったが、朝乃山もまわしを引いて対抗する場面も。貴景勝は「真っ向勝負で、いい稽古ができた。立ち合いも確認できた」と充実感を漂わせ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです