メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自分らしさってなんだろう。

ピンクは女性の色ですか?=下山田志帆のLGBTアスリート考

「体育・スポーツにおける多様な性のあり方」講習会で話す下山田志帆選手=東京都新宿区で2019年12月21日、吉田航太撮影

 同性のパートナーがいると公表して1年。自分らしく生きたいと決めて活動する中で、感じたこと、気づいたことがあります。アスリート界でLGBTなど性的少数者が置かれている心の悩みについて、今回はお話しします。

 ドイツから帰国後、2019年7月からサッカー女子なでしこリーグ2部の「スフィーダ世田谷」でプレーしています。「しもさん、最近彼女はどう?」。チームメートが自然に質問してくれます。公表しているからこそ、隠し事なくコミュニケーションが取れる安心感があります。また、クラブ側は他の選手と対等に扱ってくれています。LGBT関連の講演会などでチームの名前を出すことに最初は迷いがあったようですが、今は「がんがん行ってこい」と後押ししてくれています。

 ただ、日本のチームに所属する中で違和感を感じる部分もあります。例えば、チームで提供される物に選択肢が少ないこと。色がピンク一色だったり、女性らしい提供品しかなかったり。自分には合わない、つけたくないと思ってもチームでそろえるため「これをつけてください」と言われます。「女性チーム=ピンク」。そんなかわいいイメージが根強いのだと思います。自分に似合ったものを選ぶことができない、嫌だと思った時に「ノー…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです