特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

自分らしさってなんだろう。

ピンクは女性の色ですか?=下山田志帆のLGBTQアスリート考

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「体育・スポーツにおける多様な性のあり方」講習会で話す下山田志帆選手=東京都新宿区で2019年12月21日、吉田航太撮影
「体育・スポーツにおける多様な性のあり方」講習会で話す下山田志帆選手=東京都新宿区で2019年12月21日、吉田航太撮影

 同性のパートナーがいると公表して1年。自分らしく生きたいと決めて活動する中で、感じたこと、気づいたことがあります。アスリート界でLGBTなど性的少数者が置かれている心の悩みについて、今回はお話しします。

 ドイツから帰国後、2019年7月からサッカー女子なでしこリーグ2部の「スフィーダ世田谷」でプレーしています。「しもさん、最近彼女はどう?」。チームメートが自然に質問してくれます。公表しているからこそ、隠し事なくコミュニケーションが取れる安心感があります。また、クラブ側は他の選手と対等に扱ってくれています。LGBT関連の講演会などでチームの名前を出すことに最初は迷いがあったようですが、今は「がんがん行ってこい」と後押ししてくれています。

 ただ、日本のチームに所属する中で違和感を感じる部分もあります。例えば、チームで提供される物に選択肢が少ないこと。色がピンク一色だったり、女性らしい提供品しかなかったり。自分には合わない、つけたくないと思ってもチームでそろえるため「これをつけてください」と言われます。「女性チーム=ピンク」。そんなかわいいイメージが根強いのだと思います。自分に似合ったものを選ぶことができない、嫌だと思った時に「ノー…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文945文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集