メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元村有希子の科学のトリセツ

/87 ブラックボックス問題 人工知能に説明責任を

元村有希子

 令和2年が明けた。西暦2020年、「にーまるにーまる」と呼ぶ人もいる。つい「はちまるにーまる」と言ってしまうが、これは「80歳で20本、自分の歯を残そう」という別の運動ですね。

 年末、もっとも印象に残ったニュースは、ジャーナリストの伊藤詩織さんの民事訴訟であった。東京地裁の判決は、同意のない性暴力があったことを認定したうえで、被告の山口敬之氏に対し、伊藤さんに330万円支払うよう命じた。

 性暴力被害を訴えるだけでもしんどいことなのに、顔と名前を出して社会に問う、その勇気に敬服する。ここまでしなくては性暴力が罰せられない国っておかしいとも思う。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです