メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

定価450円

[PR]

月刊「ニュースがわかる」2020年2月号

    (1月15日ごろ発売・定価450円)のおもな内容

    <巻頭特集>

    ★ もっと知りたい裁判員制度

    重大な罪を問う裁判に市民が参加する「裁判員制度」が始まって10年を超えました。

    これまでに裁判員を務めた人は9万人以上に上ります。

    どんな制度で、どういう成果があったのか、問題点は何か――。

    裁判員経験者や裁判官、弁護士に取材しました。

    <ニュース特集>

    ★ イギリスがEU離脱へ

    イギリスの総選挙でジョンソン首相率いる保守党が勝利し、

    ようやく1月に欧州連合(EU)から離脱することになりました。

    離脱でどうなるのか、イギリスとEUの今後を探ります。

    ★ 「公文書」捨てちゃダメ!

    安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる疑惑がくすぶっています。

    都合の悪い公文書がすぐ廃棄されるなどの問題も浮き彫りになりました。

    公文書は民主主義の基礎となるもので、

    捨てたり隠したりしてはいけません。

    ★ 香港 自由を守る闘い 

    中国の一部、香港で民主化をめぐる混乱が収まりません。

    昨年本格化したデモ隊と警察との衝突に

    収束のきざしが見えないのです。

    根底には「1国2制度」のゆらぎがあり、

    民主主義を奪われるのではないかという危機感が香港市民に募っています。

    ★ 大学新テスト 記述式も見送り

    2020年度から始まる大学入学共通テストで

    国語と数学に導入される予定だった記述式問題の実施を

    文部科学省が見送りました。

    採点などで不安が多く、

    英語民間試験に続く取りやめとなりました。

    ★ 中村医師 銃撃され亡くなる

    アフガニスタンで長年支援活動にたずさわった

    医師の中村哲さんが現地で銃撃され、亡くなりました。

    医療や用水事業に尽くした中村さんの非業の死に悲しみが広がりました。

    ★【読者インタビュー】助産師

    赤ちゃん誕生を医師とともに手助けする助産師。

    その仕事に興味を持った読者の小6女子が病院を訪ねてインタビューしました。

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★通常定価450円 書店でどうぞ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

    2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

    4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです