メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お札に映るアラブ事情

スフィンクスやアブシンベル神殿がデザインされたエジプトの紙幣

 何を買うにも電子決済するキャッシュレス社会が到来しつつあるが、アラブ諸国では、まだまだ紙幣が主流だ。古代文明、そしてイスラム化を経て現在に至るまで、歴史の中で培われたバラエティー豊かな各国のお札事情を探ってみた。【カイロ篠田航一】

エジプト 古代の花形職業

 エジプトで子供たちに人気の職業は何か。統計はないが、地元メディアの街頭インタビューでは医師、サッカー選手、女優、エンジニア、公務員――などの答えが多い。

 では「古代」は? 中王国時代(紀元前21~同18世紀ごろ)の文書には、「心を書物に向けよ。書記は困窮することはない」との言葉が出てくる。ヒエログリフ(神聖文字)を駆使し、石碑やパピルス(古代の紙)に文章を書ける人物は、数千年に及ぶ古代王国の官僚制度を支えてきた。

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文2068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです