メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 飯間浩明さん 移ろいを楽しみながら

 ■日本語をつかまえろ! 飯間浩明(いいま・ひろあき)さん 毎日新聞出版・1540円

 人呼んで「ことばハンター」。辞書に載せる新しい言葉を求め、日々街をさすらう国語辞典の編さん者。本書は毎日小学生新聞で連載中のコラム「日本語どんぶらこ」をまとめた文章群である。

 「どんぶらこ」といえば昔話の「桃太郎」。おばあさんが川で洗濯をしていると、大きなモモがどんぶらこ、どんぶらこ……。だが著者は「モモが流れてくる様子を表す専用のことば」ではありません、と本書で説明する。<江戸時代の本では、ものが水に飛び込む音を「どんぶらこ」と書いています。人も、川の中に「どんぶらこ」と飛び込みます>。言葉の変遷を踏まえ、軽妙な文章で滋味豊かな日本語の世界へいざなう。

 辞書を編む人の毎日は、ちょっと変わっている。街を歩き、新聞や雑誌を読みあさり、インターネットに目を…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです