メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

見えぬ人のつえになる 夫の転落事故死から9年 「鉄道の悲劇なくしたい」

京成立石駅を視察する武井悦子さん(右から2人目)=東京都葛飾区で

 視覚障害者のスポーツ「ブラインドテニス」の考案者で、東京都豊島区の全盲のマッサージ師、武井視良(みよし)さん(当時42歳)がJR目白駅ホームから転落し電車にひかれて死亡した事故から間もなく9年になる。現場に一緒にいた全盲の妻悦子さん(64)は事故後、心を閉ざした時期もあったが、今は鉄道事故をなくすための活動をしている。【南茂芽育】

 2011年1月16日のことだった。武井さん夫妻は一緒に出かけた新年会の帰り、JR山手線に乗った。自…

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです