メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第22講 関サバ 豊予海峡ですくすく「別物」

(手前から時計回りに)関サバのマリネ、前菜盛り合わせ、ポワレとコンソメ、関サバと干しシイタケのブラックオリーブ焼き=大阪市阿倍野区で、山田尚弘撮影

 大分のブランド魚、関サバは今が旬。「普通のサバとは別物」と評される締まった身は、環境のたまものだ。その環境とは?

 高級魚の関サバ。今回は大分市が大分県漁協経由で4匹提供してくださった。最近の相場はキロ5000円というから、口に入らないわけだ。日本料理の大引伸昭先生、関サバの特徴とは?

大引「身の締まりと脂の乗りですね。脂はなめらかで溶けてゆく」

 関サバの関は、旧佐賀関町(現・大分市)に由来する。佐賀関町のある佐賀関半島と、対岸の愛媛県から突き出ている佐田岬半島が狭い豊予(ほうよ)海峡を形作り、その南に豊後水道が広がる。

この記事は有料記事です。

残り2330文字(全文2592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです