メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐんま・ロケ地巡礼

/4止 高崎、渋川市 映画「頭文字D THE MOVIE」 実車操り大規模な撮影 /群馬

「秋名山」としてドライビングシーンが撮影された県道33号=群馬県渋川市で

 日本の漫画を実写化した香港映画「頭文字D THE MOVIE」(2005年)は中国、マレーシアなど中華圏で圧倒的な人気を獲得しアジアの映画史に残る作品だ。主人公の藤原拓海は、台湾出身の人気アーティスト、ジェイ・チョウ(周杰倫)さんが演じ、04年夏に高崎、渋川両市内などで撮影が行われた。

 当時、撮影隊を受け入れたのは高崎市観光課でフィルムコミッションを担当していた元同市職員の柴田彰さん(64)だ。「邦画の撮影は慣れていましたが、海外作品は初めて。それまで経験がないほど大規模な撮影でした。今、思い返してもすごい作品です」と振り返る。

 柴田さんはロケ地探しに奔走した。ドライブシーンは、カースタントのドライバーが実車を操り撮影。原作で「秋名山」として描かれた榛名山周辺の県道で深夜から未明にかけて道路を閉鎖して行った。だが、ロケ現場の当時の旧伊香保町は冷ややかだった。「私が伊香保町と交渉したのですが、『走り屋の聖地』になるのを嫌ったようで、『協力できない』と拒まれました」と明かした。

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1149文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです