メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ成功を 仕事始めで知事呼びかけ /埼玉

年頭のあいさつをする大野知事=さいたま市浦和区で

 県内の官公庁や企業の多くが6日、仕事始めを迎えた。今年はオリンピックイヤーとあって、年頭あいさつで大会の成功などを呼びかけるトップの姿が目立った。【鷲頭彰子、山越峰一郎】

 県はさいたま市浦和区の埼玉会館で仕事始めの式を行った。開式前に東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けたイベントを実施。応援ソング「パプリカ」に合わせ、子供たちがダンスを披露したほか、アイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかさんに「SAITAMA PRIDE スペシャルPRサポーター」を委嘱。猪狩さんは「オリンピック・パラリンピックをたくさん盛り上げ応援したい。頑張らさせていただきます」と抱負を述べた。

 大野元裕知事は仕事始め式で職員約1000人を前にあいさつ。今夏のオリンピック・パラリンピックについて「大会を成功させ、県をさらに盛り上げていこう」と呼びかけた上、「県民目線で物事を見て、県民の声に耳を傾け、県民が主語の県政の実現に尽力してほしい」と訓示した。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです