メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

今年は「変化の節目」 埼玉りそな銀・池田一義社長に聞く /埼玉

埼玉りそな銀行の将来について話す池田一義社長=さいたま市浦和区の埼玉りそな銀行本店で、山越峰一郎撮影

 県内を営業地盤とし、預金、貸出金とも県内銀行のシェアトップの埼玉りそな銀行(本店・さいたま市浦和区)。昨年の中間決算は減益だったが、収益の構造改革は進んでいるという。池田一義社長に、2020年の展望や将来像について聞いた。【聞き手・山越峰一郎】

 ――りそなグループのキャッシュレス端末を県内100社、3800店舗が順次導入予定です。池田社長自身は利用していますか?

 ◆ほとんどキャッシュレスで現金は使わない。当たり前になっている。サービス提供されてすぐに試していて、「りそなウォレット」「ナナコ」などがスマートフォンに入っています。そうじゃないとお客さんに勧められない。ポイント還元も大きいから、毎月購読している「文芸春秋」はナナコのポイントで買っています。もともとIT部門にいたし、新しいものが好きで、iPhoneの新型が出ればすぐ買います。

この記事は有料記事です。

残り1301文字(全文1674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです