メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ネズミは「鼠」と書きます。漢字は難しいですが、昔から人の生活にとても親しく、身近な動物でした。わたしが子どものころは天井裏をネズミが駆け巡る音がよく聞こえました。懐かしいですねえ。

 だからネコを飼ったんですね。中学生のころにネコがじっと溝を見ていたのを覚えています。そこをネズミが出入りしていたんです。ネズミを見つけたら、次に顔を出すまで待って、捕まえる。そういうときのネコは辛抱強いんですよ。

 大学生の時には学校の廊下でネズミをよく見かけました。そのネズミが目当ての野良ネコまで入りこんでいたんですから、今では考えられませんね。実験用のネズミはおりに入れられて、冷暖房完備。廊下にいたのは野生のクマネズミです。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです