メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

「1日で治る」新薬の皮肉 /東京

 インフルエンザが流行する季節になった。年末年始の外来には、「寒気が止まらない」「急に高い熱が」と訴える人がやって来た。綿棒を鼻の奥に突っ込んでこすり、ついた分泌物などを検査すれば、10分程度で結果が出る。私も何人かに、「あー、陽性ですね。インフルエンザにかかってます」と伝えた。

 「やっぱり。少し休みます」と自分から言ってくれる人もいるが、中には「先生、1日で治る新薬があるんでしょう? それ出してください」と言う人もいる。「どうしても休めないんですよ……」

 たしかに今は、1回飲むだけでインフルエンザウイルスの勢いを止める薬がある。しかし、ウイルスでダメージを受けたからだはすぐには回復しないし、熱が下がっても周囲にウイルスをまき散らす可能性は残っている。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです