メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「金華山焼」など焼き物8点紹介 岐阜・原三渓記念室 /岐阜

福田旭水作の金華山焼「狸図蓋付鉢」=原三渓記念室で

 明治後期から昭和初期にかけて、岐阜市の金華山周辺に陶芸家が集まり、土産物や記念品など主に日用陶器を焼いた窯が複数あった。弟子を取らなかったり、後継者不足だったりなどの理由で金華山周辺の焼き物づくりは廃れた。これらの作家のうち代表的な福田旭水(1856~1928年)、林晃三(1880~1940年)の作品計8点を紹介する「岐阜の焼き物」展が原三渓記念室(岐阜市柳津町下佐波…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 夜中のデート中に「ひらめいた」 PCR開発者の正直でやんちゃな人生

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです