メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「金華山焼」など焼き物8点紹介 岐阜・原三渓記念室 /岐阜

福田旭水作の金華山焼「狸図蓋付鉢」=原三渓記念室で

 明治後期から昭和初期にかけて、岐阜市の金華山周辺に陶芸家が集まり、土産物や記念品など主に日用陶器を焼いた窯が複数あった。弟子を取らなかったり、後継者不足だったりなどの理由で金華山周辺の焼き物づくりは廃れた。これらの作家のうち代表的な福田旭水(1856~1928年)、林晃三(1880~1940年)の作品計8点を紹介する「岐阜の焼き物」展が原三渓記念室(岐阜市柳津町下佐波…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです