メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者への理解深めて 高松ボランティア協、詩集絵本を発刊 /香川

障害のある人の詩に絵が添えられた詩集絵本「いっしょに2019」=高松市内で、山口桂子撮影

 高松ボランティア協会(高松市)が、障害のある人たちの詩を集めた詩集絵本「いっしょに2019」(A5判56ページ)を発刊した。同協会の武田佳子事務局長は「本を通して、障害者への理解を深めてほしい」と話している。

 障害のある人の思いを表現する場を作ろうと、2012年から発刊を始め、今回は8冊目。「はな・花」をテーマに、小学生から80代までの障害のある人から70編が寄せられ、詩に合う…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです