メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

白鵬、優勝50回へ決意新た 「目標失う怖さ知っている」

九州場所の優勝額の撮影の際にインタビューに応じる白鵬=松田嘉徳撮影

 <2020に懸ける>

 2020年の大相撲は、横綱・白鵬にとって集大成になるものと思われていた。かねて、「東京五輪を現役で迎える」という目標を白鵬自身が公言していたからだ。ところが、19年を締めくくる九州場所で歴代最多を更新する43回目の優勝を遂げた翌朝、白鵬が掲げたのは「優勝50回」という新たな目標だった。大相撲史に残る数々の記録を打ち立ててきた大横綱が、さらに追求するものは何か。第一人者の胸の内を探った。【村社拓信】

 九州場所の千秋楽から一夜明けた11月25日、優勝力士恒例の記者会見に臨んだ白鵬は今後の目標を問われ…

この記事は有料記事です。

残り1614文字(全文1876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです