メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

第1部 理念/7止 前へ 仲間となら 頸髄損傷、ボッチャに出合う 段差3センチ、阻まれても

ボッチャを練習できるホールを訪れ、ひとり、ボールを投げる大蔵幸弘さん=大分県中津市で2019年12月21日、上入来尚撮影

 四肢の中で唯一動く左腕が武器だ。おわん形の道具を左手に付け、赤いボールを乗せてもらう。曲げた腕を振り、タイミングを計って肘を伸ばす。ボールは何度か跳ねると無音で転がり、数メートル先にある目標の白いボールへ真っすぐ向かった。歓声も拍手もない。そこにいるのは記者を除いて1人だけだから。

 2019年12月、大分県中津市にある教育福祉センターのホール。近くに住む大蔵幸弘さん(20)は電動車いすの上で少し冗舌になった。「遠くに投げるのは苦手。コントロールには自信があるんだけど」「敵のボールをはじいたり、味方のボールを守ったり。戦略を練るのが面白い」。そして、こう続けた。「やっぱり、またやりたいな」

 パラリンピック競技のボッチャ。交通事故後の入院先で出合い、のめり込んだ。帰宅と引き換えにスポーツは…

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです