首相「ユズの9年」までは責任持つ 3期目満了までの在任示唆

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の仕事始めであいさつする安倍晋三首相=同党本部で2020年1月7日午前10時7分、川田雅浩撮影
自民党の仕事始めであいさつする安倍晋三首相=同党本部で2020年1月7日午前10時7分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は7日の自民党本部での仕事始めのあいさつで、2021年9月末の自身の自民党総裁任期満了までの「在任」を示唆した。首相は「桃栗三年。おかげさまで桃や栗は収穫することができた。柚(ゆず)は九年の花盛り。柚までは私も責任を持って、皆さんとともにしっかり大きな花を咲かせていきたい」と語った。

 首相は12年の総裁就任後、連続3選を果たして…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

あわせて読みたい

ニュース特集