メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、サウジなど中東3カ国訪問を表明 防衛相「海自派遣は予定通り」

首相官邸に入り記者団らに「おめでとうございます」とあいさつする安倍晋三首相=2020年1月7日午前10時58分、川田雅浩撮影

[PR]

 安倍晋三首相は7日の自民党役員会で、1月中旬にサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国を訪問すると表明した。関係者によると、11~15日の日程で調整している。

 役員会で首相は「中東情勢の緊迫化を深く憂慮している。緊張緩和に向けた外交努力を通じて地域の平和と安定に尽くしたい」と語った。3カ国首脳との会談では、海上自衛隊の中東派遣について説明するとともに、米イランの対立で緊張が高まる中東情勢を巡り意見を交わす見通しだ。

 一方、菅義偉官房長官は7日の記者会見で、米軍がイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したことに関し、「詳細な事実関係について十分に掌握する立場にないのでコメントは差し控える」として評価を避けた。米側から事前に連絡はなかったことも明らかにした。

 イランが核合意からの新たな逸脱としてウラン濃縮を無制限に進めると発表したことについて、菅氏は「残念で強く懸念している。核合意を順守し、国際原子力機関(IAEA)と協力するよう強く求める」と述べた。

 河野太郎防衛相は7日の記者会見で中東情勢について「大規模な衝突に発展するとは考えにくい」との認識を示した。その上で、海自の中東派遣について「現時点で(派遣を決めた)閣議決定を変更することは想定していない」と述べ、情報収集に当たる哨戒機部隊は予定通り11日に日本から出発させる考えを明らかにした。【成沢健一、田辺佑介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです